TOPページへ
国民年金基金でゆとりある老後を。
 

 
menu
国民年金制度とは
勧誘方針
加入資格
給付と掛金
税金について
Q&A
資料請求とご相談方法
お問い合わせ
所在地マップ
リンク集
個人情報保護方針
特定個人情報
Q&A

Q.1 国民年金基金はどのような人が加入できますか?
  A.自営業やフリーランスなど、国民年金の第1号被保険者の方々が加入できます。

したがって、国民年金の第1号被保険者となるべき方で、まだ資格を取得していない方は、国民年金基金へ加入申込をする前に、お住まいの市区町村役場で国民年金の資格取得の届出を行ってください。

60歳以上65歳未満の方や、海外に居住されている方で、国民年金に任意加入されている方々も加入できます。

Q.2 国民年金本体の保険料を納めていなくても、加入できますか?
  A.国民年金基金は国民年金(老齢基礎年金)に上乗せする年金制度であり、国民年金本体の保険料を納めていない人や、保険料を免除(一部免除・学生納付特例・若年者納付猶予を含みます)されている人は加入できません。

また加入した後も、国民年金本体の保険料を納めないと、その期間は国民年金基金の掛金を納めても、基金からは将来の年金は支給されません。

Q.3 地域型基金と職能型基金の両方に加入できますか?
  A.いずれか1つの基金にしか加入できません、また、職能型基金は職種単位で全国に1つ設立されているものですので、職能型基金が設立されていない職種の方は職能型基金に加入することはできません。

Q.4 自由に脱退したり、基金を移動したりできますか?
  A.国民年金基金への加入は任意ですが、いったん加入されると自己都合で任意に脱退することも、他の国民年金基金に移ることもできません。

ただし、地域型に加入している人が別の都道府県に転居した場合や、職能型に加入している人が別の職種に変わった場合、国民年金の第1号被保険者でなくなった場合などには加入資格を失うため、脱退することになります。

Q.5 中途で加入資格を失って脱退すると、給付はどうなりますか?
  A.どんなに加入期間が短くても、納めた掛金については、将来、年金として給付されます。したがって、一般の個人年金のような脱退時の解約返戻金などはありません。なお、加入期間が15年未満で加入資格を喪失した場合には、加入していた基金に代わって国民年金基金連合会が給付を行います。

ただし、60歳以降に加入された方は、加入期間にかかわらず加入していた基金が給付を行います。

Q.6 国民年金基金と国民年金基金連合会はどのように違うのですか?
  A.国民年金法に基づき、厚生労働大臣の認可を受けて設立された別個の団体です。国民年金基金は、加入員の老齢に関して必要な給付を行うため、国民年金基金連合会は中途脱退者への年金給付を行うために設立されました。

国民年金基金連合会は、国民年金基金の委託により、一部分の事務処理や掛金による資産運用なども行っています。

Q.7 掛金は、どのような方法で納めるのですか?
  A.加入した方が指定した金融機関から、口座振替によって納めていただきます。なお、国民年金本体の保険料も合わせて口座振替にされますと便利ですので、ご希望の際は国民年金基金へお申しください。

Q.8 途中で掛金が払えなくなった場合、どうなりますか?
  A.何らかの事情で掛金が払えなくなった場合には、事前に申し出て加入口数を減らすこと(減口)ができます。なお1口目は加入の基本となるものであり、これを減口することはできません。また掛金を前納している場合は、前納した各月分については減口することができません。

口数を減らしてもなお掛金が支払えない場合には、掛金の払い込みを一時中断することもやむを得ないでしょう、その場合は、掛金の未納期間に応じて年金が減額されることになります。

また、基金は国民年金の付加年金を代行していますので、基金の掛金の払い込みを中断している期間に、付加年金のみ納付することはできません。

Q.9 途中で掛金を増やすことはできますか?
  A.事前に申し出ることにより、2口目以降の加入口数を増やすこと(増口)ができます。

Q.10 途中で減口をした場合の給付はどうなりますか?
  A.減口した場合には、減口した口分の年金(それまでに払い込んだ原資に応じた額の年金)と減口後引き続き加入している口分の年金が、将来支給されます。

Q.11 年金を受け取るときの手続きは、どうすればいいですか?
  A.受給開始年齢(65歳、III型・IV型・V型は60歳)に到達すると、国民年金基金からご登録の住所あてに裁定請求書をお送りしますので、必要事項を記載の上、お忘れなくご提出ください。

なお、住所や氏名を変更された場合、基金にお届けがないと裁定請求書や定期的なお知らせをお送りできないことがあります。住所等の変更の際は、お忘れなくご連絡いただきますようお願いいたします。

Q.12 死亡した場合に支給される一時金は、どれくらいの額になるのですか?
  A.保証期間付の終身年金A型や確定年金I型・II型・III型・IV型・V型に加入している方が、年金を受け取る前または保証期間満了前に死亡された場合には、加入時年齢と死亡時年齢および死亡時までの掛金納付期間に応じた額の一時金が遺族に支払われます。また、終身年金B型のみに加入している方が年金を受給する前に死亡されたときは、1万円の一時金が遺族に支払われます。

35歳で終身年金A型に1口加入した場合を例にとると、次表のような額になります。なお、遺族一時金の額は払込掛金額を下回ることがあります。

○遺族一時金の額(終身年金A型・1口・35歳加入)
死亡時年齢 掛金納付期間 死亡の場合の
遺族一時金額
40歳 5年 約 52万円
45歳 10年 約107万円
50歳 15年 約167万円
55歳 20年 約232万円
60歳 25年 約301万円
65歳 25年 約322万円
※死亡の場合の一時金額は男女共通です。

Q.13 年金は年に何回、給付されますか?
  A.年金額が12万円以上のときは年6回(偶数月)、年金額が12万円未満のときは年1回、それぞれお支払いすることになります。

Q.14 国民年金の老齢基礎年金を繰り上げ受給した場合、国民年金基金の年金額はどうなりますか?
  A.国民年金の老齢基礎年金の繰り上げ受給を開始したときから、国民年金基金の付加年金に相当する部分について、減額されて支給されることとなります。 (減額された分は65歳以降も引き続き減額されます)
●国民年金の老齢基礎年金の繰り上げ(全部操り上げ)して受給した場合の
国民年金基金の年金額