TOPページへ
国民年金基金でゆとりある老後を。
 

 
menu
国民年金制度とは
勧誘方針
加入資格
給付と掛金
税金について
Q&A
資料請求とご相談方法
お問い合わせ
所在地マップ
リンク集
個人情報保護方針
特定個人情報
税金について

 
国民年金基金に加入できる人は
20歳以上60歳未満の自営業や自由業などの第1号被保険者の方。
60歳以上65歳未満の国民年金に任意加入している方。
海外に居住されている方で国民年金に任意加入している方。
現在お住まいの都道府県の国民年金基金に加入することになります。
海外に居住されている場合、日本居住時に住所を有していた都道府 県の国民年金基金にて加入申し込みを行ってください。
 

 

こんなに有利な国民年金基金!!
でも、次の方は加入できません。
  1、国民年金保険料を未納している方や免除されている方
※未納を防ぐためにも、納め忘れもなく、便利な、口座振替のご利用をおすすめします。
2、農業者年金基金に加入している方。

 

加入資格の喪失
国民年金基金の加入員の資格を失うとき
  1、60歳になったとき
※海外に転居し国民年金に任意加入される場合を除く
2、65歳になったとき
(国民年金に任意加入し、60歳以上で加入された方の場合)
3、国民年金の第1号被保険者でなくなったとき
(海外に転居したときを含みます)
4、国民年金の任意加入被保険者でなくなったとき
(国民年金に任意加入している場合)
5、他の都道府県に転居したとき
(地域型基金の場合)
6、該当する事業または業務に従事しなくなったとき
(職能型基金の場合)
7、国民年金の保険料を免除されたとき
(一部免除・学生納付特例・納付猶予を含みます)
※ただし、法廷免除に該当(障害基礎年金を受給等)された際、年金事務所に申し出て、引き続き国民年金保険料を納付する場合は加入員資格の喪失にはなりません。
8、農業者年金の被保険者になったとき
9、加入員本人が死亡したとき

※上記DまたはEの理由で加入資格を失い、引き続き新しい国民年金基金に加入する場合は、特例として、それまでと同額の掛金で加入できます(3か月以内に手続きをする必要があります)。
※加入資格を失った場合、すでに支払った掛金は中途で引き出すことはできませんが、将来、年金として給付されます。
※海外に転居されたときは加入資格を喪失しますが、引き続き国民年金の任意加入の手続きを行うとともに、3か月以内に国民年金基金に加入申込をされますと、従前と同条件で加入することができます。